うりずん法律事務所の取扱い業務(破産・債務整理)


headerlogo.jpg

logoteppouyuri.jpg

債務整理に関して

*多重債務者の債務整理の初回相談は、無料にしております。

過去に借金をしてしまって、思い悩んでいる方は少なくありません。しかし、借金の問題は、法律の専門家である弁護士に相談し、適切な方法をとることによって、必ず整理できます。
 個人の場合は、任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産などの方法があります。もちろん、これに伴うデメリットの説明を致しますので、職場や家族に知られたくない、不動産は維持したい、保証人に迷惑をかけたくない、自己破産はしたくないなど、希望を丁寧に聞き取り、相談者の事情に応じた最適な方法で問題を解決していきます。
 会社(法人)についても、事業再生、任意整理、民事再生、破産など的確・迅速に対応致します。
また、それに伴う弁護士費用についても、分割払や弁護士費用の立替援助制度(法テラス)の活用など、相談に応じます。


弁護士と司法書士の違い

140万円以上の借金・過払金に対応できるのは弁護士のみ

借金の問題を司法書士に依頼するか,弁護士に依頼するか迷われる方も多いと思います。
 その場合に注意しなければならないのは,弁護士と司法書士の違いとして,「司法書士は訴額140万円以上の事件について訴訟代理人になることができない。」という点です。
 借金の問題を解決しようとする時,まずは,現在の借金の状況がどうなっているかを調査するところから始まりますが,実は借金の問題で悩んでいる方でも,現在,自分の借金がどういう状態になっているのか正確に把握てきている方は少ないものです。そのため,弁護士が借金問題の整理の依頼を受けて,その借金の状況を調査すると,実は利息等の支払い過ぎで多額の過払金が発生していたりすることもあります。
 そのような場合,司法書士は,訴額140万円(簡易裁判所の事物管轄)を超える事件について訴訟代理権を有しないため,金額が140万円以上の借金や過払金については対応することができず,本人訴訟として対応するか,若しくは,改めて弁護士に依頼をして訴訟対応をしてもらわなければなりません。
 また,自己破産や民事再生の申し立てを行う場合は,司法書士に代理権はなく,本人名で申し立てをする必要があります。もっとも,金額が140万円以下の借金や過払金に関しては,司法書士も弁護士と事実上相違なく対応することが可能です。
 なお,司法書士と弁護士の違いとして,しばしば,「相談のしやすさと費用の点」を指摘される方がいますが,特に費用の点に関して,司法書士と弁護士の違いは,現在ではほとんどないと思われます。
 この点,当事務所でも,債務整理(借金)の問題に関しては随時無料相談を受け付けており,資力の乏しい方には分割払いや法テラスの援助制度のご案内も行っておりますので,躊躇なくご相談ください。

司法書士事務所に依頼するか、弁護士事務所に依頼するか迷われている方は、上記の点を参考にしてください。




トップページ

取扱い業務

破産・債務整理

離婚・親権

遺産相続・遺言書

刑事事件・少年事件

交通事故

交通事故

労使問題

不動産・賃貸借

企業顧問

ご相談方法

費用について

弁護士紹介

ACCESS

LINK

お問合わせ・予約フォーム